スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

舞-乙HiME #10

・久しぶりに見たけどでぼちんと雪之マジかわいい。
・しかもでぼちんが戦闘後無駄にくるくるしてて可愛かった〜〜
・そして碧ちゃん登場。敵役なのか…。
・田村ゆかりがすんごく低い声だった…
・それにしても、シズルは強すぎじゃないっすか。
・最強って言うくらいだから良いのかもしれないけれど。
・相変わらずEDは名曲
・予告の「デュランどす」って…オイオイ(笑)
・シズルがやりたい放題で笑った。

ててててか、蒼星石……マジですか(ノД`)
翠星石が悲しむ姿に私まで貰い泣きました。ええいああ
posted by: asaya | アニメ感想(2004-2006) | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

舞-乙HiME #6 「ニナ、まかれる…orz」

EROの回。ERO度は前回よりもパワーアップしている気が。
旬の声優さんたちの喘ぎ声演技が色っぽかったです。
パンチラがだめなら○○しちゃえばいいじゃないかシリーズ、その名もパンチラがだめなら喘いでしまえばいいじゃないか発動。
喘ぎ、無駄にえろいキャラたちの動き、そして触手まで出てくるとは思いませんでした。こちらもEROかった。

エルスたんは童顔巨乳でERO要員ですか?
それに加えて、「私、ニナちゃんとなら…(はあと)」的なこと言っていたし、レズキャラ要員?
静留に比べたらまだまだ甘っちょるいレベルなんでしょうけど(笑)

ナオさま格好良い〜。シホは前作以上にウザさが増してますね(笑)
お姉さま云々のあたりはやっぱりマリみてを思い出させる。

毎回、なかなか面白いなあとは思っているけれど、それでもやっぱり前作>今作だったり。
勢いがあまり感じられないというか、前作ほどに次回への期待度がない。
自分の中で前作ほど魅力のある新キャラが見つからないのが原因かな。
実際に舞乙で好きなのは前作のキャラクターたちばかりだし。
あ、こやまきみこのキャラ好きです。ていうか、こやまきみこが好きです(ミィ様の影響)。

ニナ役の小清水亜美、若いのにすごいね。
まだ10代なのに新番組のレギュラーばんばんとってるし、すごいと思う。
でもニナのような低い声の演技は正直微妙。
新境地を開拓したいんだろうけど、慣れていないのか不自然に聞こえるときがある。
彼女は天満ちゃんみたいな元気ハツラツな女の子声が良いと思うよ。
posted by: asaya | アニメ感想(2004-2006) | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ローゼンメイデントロイメント #4 「契約」

ローゼン2期、実は初見です。
OP、あまり見かけない感じですね〜。文字まで手書きだ。絵のタッチもアニメ塗りじゃないし。でも好きだなー、このミステリアスな雰囲気。

今回、ついにジュンと翠星石が契約を交わしたので一安心。なかなか素直に契約してほしいといえない翠星石。強がりも時には捨てなくちゃ、ね。
私、翠星石好きなんですよねえ。ツンデレな性格と、あの衣装。かわいい!「ですう」キャラは好みじゃないけど、彼女は好き。

薔薇水晶……まだよくわかりません。前作における水銀橙のポジションなのかな。
水銀橙好きだったんですけど、前回で退場しちゃったし今作では出ないっぽいですかね。

そういえば、巷で蒼星石が……という噂を耳にしたんですが…本当なんだろうか…。

EDは目を瞑ってる最初の真紅が微妙。目を開けたらいつもの真紅だったけど。
でも全体的に人形たちがかわいい。
posted by: asaya | アニメ感想(2004-2006) | 21:54 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

ARIA #6 「その 守りたいものに…」

前回見逃したARIAですが、今回は無事に見れました。
「アテナさん」「左手おしおきキャンペーン」「まあくん」がキーワードの今回の話。
社長が突き抜けてました。いろんな意味で(笑)

*
アリスが内緒で飼っているというまあくん。
…うーむ、究極の癒し系キャラかも…
なんか、某パンダに似てる気がしないでもないですが…(笑)
どうでしょう

*
アテナさん登場。
一見しっかり者だけど、実はすごく天然なのね。
あの歌声も川上とも子なのかな?とてもキレイでした。

この人も名前が「あ」から始まってる。

*
左手おしおきキャンペーン中のアリスでしたが、
日常生活を通して左手が自分を思っていたよりも
ずっと大切なものであることに気づくのでした。

制服姿も寝巻きもかわいいアリスたん…

*
まあくんがいなくなり大慌てで探すアリス。
でも無事に再会できました。良かった良かった。

アリスたんとまあくん萌え〜。

*
毎回、肛門全開サービスシーンを連発し、
視聴者を誘っているのか否かで論議がなされている社長ですが…。
アリアカンパニーは大丈夫なのか、not人間な社長で!!?(いまさらですが)

本当に和む……この珍獣動物?を見ていると…。


次回「その 素敵なお仕事を…」
ああ、もう折り返し地点ですか…orzソンナア

*
順調に毎週水曜深夜、サトジュンマジックにかかってます。
見てて和むし萌えるし癒される〜。
本編だけでなく、OP、EDも究極の癒しです。
ところでEDの歌詞が変わっていたんですけど(2番?)、今回からなのかなー。





最後は社長で…フィニッシュ!!!
posted by: asaya | アニメ感想(2004-2006) | 21:15 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

ARIA #4 「その 届かない手紙は…」

「よかった。手紙は本当に時間と場所を超えて心を届けてくれるのね。」

。・゚・(ノД`)・゚・。

女の子が手紙を渡したあたりですでにオチは読めてた。
でも、手紙(ビデオレター風)を送り主の前で再生しているときの、あの暖かい雰囲気。



昔に送られた手紙の結末を見届けて、そっと涙を流す灯里…。

「あの子が届けたかったのは、この想い…」

ええ話やー。・゚・(ノД`)・゚・。



そして最後の「もしかしたらアクア全部が優しい奇跡で出来ているのかもね…」からEDへの繋がりはネ申。
アニメのオリジナルストーリーらしかったのですが、変な寄り道をしたりせずに、
王道の王道として良い意味で突き抜けた回になってくれました。

サトジュンマジックにすっかりハマってしまっている自分…。でも幸せだからいいです(笑)


最後に。



アリシアさんかわいいよアリシアさん。
posted by: asaya | アニメ感想(2004-2006) | 22:15 | comments(0) | trackbacks(2) | - |

BLOOD+ #3

親父、まさかの3話退場!?


…と思ったら、次回予告でカイが「親父を傷つけた」と言っていたので、死んではいない模様。
たしかに、たった3話でほうちゅうキャラ(しかもメイン)を退場なんてどんなキャスト予算・シリーズ構成だよ!?って感じですもんね。良かった良かった。きっと仙道なら何とかしてくれましたよ。

しかし、4クールの予定のせいか、大分スローペースですな。これ、もし2クールの予定だったら来週の分も入れて2話で済ましてるよ。はじまりの1〜4話で、起・承・転・結がしっかりなってるね。「BLOOD+ってこういう物語」という紹介をするための。4話かけて小夜と視聴者に状況を理解させるとは、小難しい世界観に視聴者が入っていけるように設定・キャラ紹介をじっくりしっかりやっていきたいというシリーズ構成担当者の想いが現れているというか。

それにしてもこの物語、4クールをどうやって進行させていくんだ?
打ち切りを考えずにシリーズ構成を考えてみると、
1クール:殺し屋(?)小夜の誕生。しばらくは翼手と戦う一話完結スタイルの勧善懲悪を基本とした展開が続く?
2クール:後半あたりから小夜に関係した謎の組織の影がチラホラ…
3クール:謎の組織ってなに?翼手を倒しながらの小夜と謎の組織が対立していくスタイルを確立。ここらへんで過去編も。
4クール:小夜と謎の組織の戦いに決着
ま、こんな感じのが一番無難、悪く言うとありきたりで妥当な構成だろう。
でもこれじゃ全然面白くならないので、藤咲さんには斜め上を行く面白い展開を期待してます。
謎の組織といえば、諏訪部演じる飴好き男のいる組織って一体なんなんでしょうね?小夜の味方か敵か。
どんどん新キャラも出てくるんだろうな。そして弟も実は殺し屋だったり……しないよな、それはさすがに。あんな純粋そうな子が、まさかね。

小夜の格好はアレでいくのかなあ。制服以外を着ている小夜なんて今まで出ましたっけ?
ちょっと私なりに見ていて気になったこと。小夜って素足にローファー?ですよね?アレは。くるぶし履いてる?…いや、それはさすがにないよね??くるぶし(特に白)にローファーはちょっとアニメキャラでも許せないぞ(笑)素足にローファーて暑い沖縄とかではよく見かける格好なのかなあ…。同じ女子高生として、あの格好には紺ソを履いていてほしいのですが…。まあ、こんな細かいところにツッコむのは多分私だけなので心に秘めておこう。なんだかんだで足細いしで似合ってるしね。…にしても、小夜の制服いいなあ。何がって、赤いリボン。うらやましい…。私の学校も、夏服は白ブラウスに黒スカートなのですが、リボンは赤じゃないんですよねえ〜。赤リボン…いいなあ。

カイは確実に小夜のことが好きだな。次回予告とか、あきらかに「小夜好きで〜す」って言ってるようなものじゃない?今は好きでなくても、後47話ほどあるんだから、どうにかなっていくんだろう。でも小夜はきっと怪しいチェロ弾き男と、どうにかなっていくんだろう。

posted by: asaya | アニメ感想(2004-2006) | 19:05 | comments(0) | trackbacks(2) | - |

交響詩篇エウレカセブン #26

感動した。

朝っぱらから泣いた。
お帰りレントン。なにこのカタルシス。素敵すぎ。
二人で「つづく!」といったときにはもう幸せな気持ちになったよ。
今まで流れた中で今回の「秘密基地」が一番輝いていた。
ここで前半終了ですか。それにしてもとても良かったと思う。
半年後、「26話で終わっていれば…」にならないことを願いつつ…「つづく」!
posted by: asaya | アニメ感想(2004-2006) | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |