<< 舞-乙HiME #6 「ニナ、まかれる…orz」 | main | はがれん12巻 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

野ブタ。をプロデュース #5

私はこの「野ブタ」がかなり好きみたいだ。ドラマのストーリー展開はもちろん、キャラクターたちがとにかく魅力的。この私がこんなにも実写にハマるとは、というくらいハマってます。CDほしい(実は買ってないんです)(ファン失格?)。きっと売り切れそうになったら買う。


さて今回の話。
てっきり次回予告で修二×マリ子&彰×信子でダブルデートすると思っていたので、ちょっと意外な展開でした。シッタカ×信子とはねえ。

しかし、前回で信子のことが好きと気づいたのにも関わらず、今回シッタカと信子のデートを影から見ているだけの彰…(ビックリするほど大人しかった)(実際修二に見つかるまで表に出て行こうとはしていなかったし)。
とにもかくにも、彰が切ない…切なすぎる…!うう…
彰は掴み所の無いキャラなので、あまりそう感じさせないかもしれませんが、きっと心は深く痛んでるよ。絶対彼は繊細なハートブレイクの持ち主だよ。
好きな女の子と違う男の子がくっつくのを黙って見てろなんて……腕とか組んじゃってさああ
でも、救急車の中での手の握り合いのシーンは彰の優しさに感動。

倒れたおじいさんを信子がいきなり助けるシーンはやや唐突だった気がしたけど(信子があそこで助けないような子だとは思わないけど、信子における正義感の定義みたいなものがまだよくわかっていなかったので)、彰とのエピソード、シッタカとの溝が出来始めるキッカケ、友達ができるキッカケという意味で、その後のストーリーへの繋がりを考えると必要な描写だったのかな…と、思うことにしておきます。

修二と彰・信子が決裂しかけたときはハラハラしたけど、仲直りしてくれて良かった。

黒幕は一体誰なのかしら。意外にじらすなあ。
マリ子説が今のところ一番有力?たしかに腹黒そうな気がしなくもないけど(「じゃあ、私が悪い女を演じるよ」のときにはどんな悪いことをするのかと、ちょっとゾクッとしました)。
でもあまりに大穴すぎる人(クラスの女子その1とか)や普通すぎる人(いじめグループの誰かとか)が犯人でもなあ〜。うーん、やっぱりマリ子が一番無難かな?

そして、今一番気になっているのが物語のラスト。
巷で、彰が死ぬとかいう嫌な噂を耳にするんですけど……し、死なないよね?
たしかに歌詞とかEDとか意味深だけどさあ…
そんな鬱で終わらすようなドラマじゃないでしょ、というのが私の考え。
ありきたりと言われようがなんだろうが、最後に3人が「友達」として楽しそうに話しているだけで、それで十分ですから…!
posted by: asaya | テレビ・芸能 | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 19:47 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://asaya.jugem.cc/trackback/663