<< 楽しみになってきた〜! | main | テスト・ザ・ネイションやった >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

昨日見てきました〜!
面白かったです!私の中では4作中で一番面白いと感じたかも。

序盤は飛ばしていたのに、ダンスパーティーになると割と細かいところまで描いてあって、そこだけじっくりペースだったのが印象的(笑) 個人的にも、楽しみにしていたエピソードだったので嬉しかったです。

クィディッチのワールドカップはあっという間に終わってしまって少し残念だったものの、あの会場の熱気とスケールには圧倒されました。CGとはいえ、すごかった。チームの登場シーンも格好良かったし。
今回はそのワールドカップや、ドラゴンとの戦闘シーンなど迫力があった。迷路に入った瞬間、辺りが静寂に包まれたので見ているこちらまで緊張感が伝わってきたし、常に画面に見入ってしまった。
でもちゃんと笑いも忘れていなくて、特にダンスパーティーの部分はずっと笑いっぱなしでした!踊っている人たちの輪の中に入っていけないハリーとロンが、どんな魔法使いでも恋の魔法は使えないんだなというか、つくづく不器用な二人だなと微笑ましかったです。
そんな二人を余所にハーマイオニー。知的で品のある女性に成長したな〜とドレス姿を見て感動。ロンも、あのドレスローブ似合ってた…!(爆笑)
私はロンとハーマイオニーの関係についてモヤモヤしている人種なので、ハーマイオニーの「だったら最初に誘えばよかったじゃない」云々のところは、ニヤニヤしてしまいました。あーもう二人とも好きだわ。

ちょっと気になったことは、ハリーが4人目の代表に選ばれた辺りからロンが不機嫌になるところがあるんですけど、あれって原作を読んでいない人にはわかりづらかったのでは?あんなに突然だと「友人に頑張れの声もかけずいきなり怒ってる奴」としか映らないんじゃ…と、思ったわけですよ。原作ではロンのハリーに対する嫉妬なんだと納得しながら読めるんですけどね。

キャラと役者について。
マッドアイ・ムーディーは何かのゲームのキャラで見たことある外見でした。ところであの目はなんだったんだ?スコープ?
チョウ・チャンは映画予告で見たときには「まんま中国人かorz」でしたが、実際に映画を見てみたら、可愛くて全然違和感無かったです。
セドリック役の彼も好青年らしかったし格好良かったな。彼が亡くなったときには泣きこそしなかったものの、グッときました。
クラムは、原作よりもクールになってないか?もっと可愛いひとだった気が…って、もしや私のイメージの彼が他とかけ離れてるのか?(多分そうだと思います)
ヴォルデモートはじわじわとハリーを攻撃していたのを見て、コイツSなのかなと分析してました。

全体的に内容がシリアスになってきて、大人向けになってきたという感じですね。
今回は特に、役者(子供)が皆大人になったなと感じました。
ハリーのお風呂シーンではおお、筋肉すごい!って思ったし、ネビルは身長高すぎだろ!と思わずツッコんでみたり(ハリーと並ぶシーンでは、「ハリーって身長低い?」と友達と顔を合わせてしまった)。ハーマイオニーも大人の女性らしくなってきたし。ロンも髪形を替えたせいか、雰囲気違ったし。
その中であまり変わらないマルフォイを見て安心(笑) あ、でも取り巻きの数は増えてましたね!
みんなどんどん大人になっていくんだね…(涙) 私は嬉しいよ。

このシリーズ4作目の炎とゴブレット、いつも以上に内容盛りだくさんでなかなか楽しめる内容となっているので、見る価値はあると思いますよ〜。3時間近くの長丁場ですが、終わったときに「え、もう終わり?本当に3時間近く座ってたの?」というくらい、時間の経過を忘れさせてくれます。

5作目も楽しみです。と言っても、原作はまだ読み終わっていなくて、相変わらず放置状態なんですけどね…。映画が公開される前までには必ずや読みきりたいなと思ってます。頑張れ私。
posted by: asaya | 映画 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 16:14 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://asaya.jugem.cc/trackback/666
 
2005/11/27 4:20 PM
Posted by: |nao-life |
ハリーポッターと共に成長すること
ハリーポッターを見てきました。 久々に純粋に映画が楽しめた2時間50分でした。 魔法の世界に誘われるがままに、まるで夢をみているように どっぷりと浸りながらみていました。 僕は映画の内容に関しては特に触れようとは思いません。 僕の言葉での説明よりも